廃車知ってる?Knowledge

手続きの内容、準備を調べてからでも遅くはない

廃車手続きの前に

廃車と言う言葉を皆さんはよく耳にするかと思います。ですが実際に廃車に関わった或いは携わったと言う人は、あまり多くないのではないでしょうか。

では皆さんは廃車と聞いてどんなイメージを想像しますか。事故か何かで大きく破損し、原型も残さないほど変わり果てた自動車を、廃車処理場の作業員が一台一台解体し、スクラップにしていく様子でしょうか。或いは廃車置場に並べられた数々の廃車の情景でしょうか。いずれにせよ、廃車と聞けば荒涼とした物寂しい情景を想像するのではないでしょうか。

ここではまず廃車の定義について考えてみましょう。廃車の定義を考えるときには道路運送車両法という法律を参照すればよいでしょう。道路運送車両法にある「抹消登録」という条項に、廃車とは「陸運局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)に自動車のナンバープレートを返納して検査登録を抹消すること」と規定されています。

即ち自動車の身分証明書とも言うべきナンバープレートを返却して、身分を抹消することです。一旦廃車手続きをした後、即ち抹消登録をしてしまうと、ナンバープレートがなくなります。ナンバープレートがなくなるということは、もうその自動車を日本の公道で走らせる事ができなくなることを意味します。 例えば事故等さまざまな事情によって車を廃車にするとします。

ここで注意していただきたいのは、廃車とは事故などで破損した車をスクラップにしてしまう作業だけを指すのではありません。廃車には手続きが必要となります。廃車の際には結構煩雑な手続きを要するため、簡単にはいきません。よって廃車手続きをする際には発生するコストや手間をよく考え、慎重に且つ計画的に進めていく必要があります。

事前準備がつつがなく手続きを済ませるコツ

どんなことでも同じですが、実際にそれを行う前に考えなければならないことがあります。廃車も例外ではなく、実際に廃車手続きをする前にいくつか検討すべきポイントがあります。その一つはどうやって廃車にするか、廃車の方法を考えるということです。

自動車を手放す場合、自動車を引き取る専門の業者に無料や有料で引き取ってもらうケースと、抹消登録を行う場合即ち廃車にするというケースとがありますが、双方を比較してどちらの方法を採用したほうが得になるかを比べてみます。

というのも抹消登録を行うと、場合によっては自動車重量税の還付があったり、自賠責保険の還付があったりします。税金や保険の還付金ですが、無論もらえるものならもらっておくにこしたことはありません。 もう一つはコストの問題です。

廃車にする自動車もそうですが、現状で手元にある自動車がいくらの価値に相当するのかが、素人の目にはなかなかわかりません。もし手持ちの自動車が実は結構高価値なものであるにも関わらず、それを知らずにみすみすただ同然で手放してしまったのではいかにも勿体無いです。そこで念のため中古車買取り等の専門の業者に査定をしてもらい、査定価格を見て現在の車の価値を知った上で処理方法を決めることです。

自動車の査定をしてもらい、もしその自動車にいい値段がついて中古車として売ることができれば、廃車手続きそのものが不要となります。当然廃車の手続きに必要な費用がかからなくなります。また中古車買取り業者等に査定をしてもらって、仮に値段がつかなかった場合も無料で引き取ってくれることもあります。当然この場合も廃車手続きに必要な諸経費もかからなくなります。また査定をしてもらう場合、実は自動車は必ず正常に動かなければならない必要はありません。

事故車・不動車・水没車等といった車でも売れる場合があります。本来なら即刻廃車にするような自動車を買取ってくれる業者もいます。いずれにせよ廃車にするつもりの自動車がどんな自動車でも、必ず一度は専門の業者を呼んで査定を行いましょう。そうすれば、廃車にする以外にも自動車の処理方法の選択の幅が広がり、場合によっては廃車にする場合に比べ随分とお得なケースも出てくるのです。大した値段にはならないかもしれませんが、物は試しです。査定をしてもらえば、思わぬ得をすることだってあるかもしれません。

自動車とバイクの買取、下取りがうまくいかなければ、そのとき廃車を考えてもよいでしょう。ですが自動車を廃車にするとしても、廃車に必要な手続き費用やその他の費用も安く収まるわけではありません。廃車(抹消登録)を行う場合、解体費用・自動車リサイクル料金・抹消登録手続き費用などの費用や手間が結構かかったりします。中古車ディーラー比較すると良くわかると思います。

ちなみに自分で廃車手続きを行う場合、永久抹消登録(軽自動車の場合は返納届)の手続き費用は無料ですが、一時抹消登録には350円かかります。自分で手続きする分費用は安くつきますが、当然手間はかかります。

また、廃車手続きは運輸支局、軽自動車の場合の廃車手続きは軽自動車検査協会で行いますが、当然そうした関係部門との往復の交通費もかかります。(一時抹消登録手続きの話はに関してはここで詳しくね!)

注目サイト

2017/3/30 更新