廃車知ってる?Knowledge

車を手放すのに必要な手続き:解体抹消

自動車の解体抹消の話

一時抹消登録は先にも紹介したかと思いますが、一旦自動車の利用を停止しますが、その後再びその自動車を使用することを念頭に置いた手続きです。その際にはナンバープレートを返却しますが、あとで再登録をした時に返却したナンバープレートが戻ってきます。

ですがたまにこうしたケースもあります。それは一時抹消登録をした後、当初はあとで自動車を再度利用する予定でしたが、やはりその自動車をもう使わないことになったのでいわば完全な廃車状態にしたい、というケースです。

その場合に行う手続きが解体抹消(解体届け)と呼ばれるものです。解体抹消とはつまりわかりやすく言えば、一時抹消登録をした後に、もう完全に自動車を使用しなくなった場合に行う手続きです。 以下解体抹消の手続きの流れを記しておきます。

解体抹消 手続きの流れ

  • @自治体で登録を行っている自動車解体業者に自動車の引き取りと解体を依頼
    今までに自動車リサイクル料金を払っていない自動車の場合はここでリサイクル料金を支払い、「自動車リサイクル券A券以外」を受け取ります。

    その後自動車の解体に入りますが、自動車の解体が終わると「解体報告記録日」の連絡が業者から受けます。ここで注意しなければならないことは、必ず自治体に登録されている業者を選ぶことです。そうでない業者を選ぶと、あとで必要な書類を受け取れなかったりして、不都合やトラブルを生じる恐れがあります。
  • A必要書類を揃える
    その前に陸運支局で一時抹消登録を行った際に受け取った「一時抹消登録証明書(軽自動車の場合は自動車検査証返納証明書)」がここで必要になるので、なくさないように大切に保管しておきます。
  • B管轄部門:運輸支局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)で手続き
    解体届けを提出し、廃車の申請を行います。また自賠責保険を解約する場合や自動車任意保険の「ノンフリート等級」を引き継ぐ際に、「登録事項証明書」が必要になりますが、それが必要な場合には、その発行手続きも合わせて行います。
  • C自動車税事務所(運輸局内)で手続き
    車検が1ヵ月以上残っている場合、自動車重量税の還付がありますので、その関連手続きを行います。

check

ZOZOTOWN
http://zozo.jp/

2014/10/29 更新