廃車知ってる?Knowledge

業者まで車を運ぶために必要なナンバープレート

仮ナンバーの申請方法

あなたは事情があって自分の自動車を廃車にすることにします。ではその自動車をどうやって廃車の解体業者まで持っていくかですが、一見簡単そうですが、これが結構頭を悩ませることになります。

もし廃車解体業者に取りに来てもらうとすると、実は結構な陸運費用がかかります。しかもそれも決して安くありません。できることなら廃車と廃車の関連手続きにお金をかけたくないものです。自動車がそもそも動かせないと言うのなら仕方が無いですが、もしも幸いにあなたの自動車がまだ動かすことが可能なら、廃車解体業者まで自らその自動車を運転して、廃車にする予定の自動車を持ち込むことが可能です。トラックについても同情です。

そうすれば自動車の引き取りに関する費用はかからなくなります。ですがここでまだ更に注意が必要です。それは車検期間です。廃車にする予定のその自動車は車検期間が切れていないかどうか、確認しておく必要があります。

もしどうせ廃車にするのだからと、車検期間を気にせずほうっておき、車検期間が切れてしまっていたら、後でその車を運転しようと考えてもそれは不可能です。車検期間が切れてしまうと、その自動車を公道上で運転することができなくなります。

もし車検期間が切れていて、また一方で自賠責保険がまだ期間内で有効だという場合、仮ナンバーを申請することができます。仮ナンバーは車検が切れている自動車を移動させる時に使用するものです。但し前述の通り自賠責保険が有効である必要があります。

従っていま一度自賠責保険の確認が必要です。仮ナンバーの申請手続きは各市町村の役所で可能ですが、その際に必要となる書類は以下の通りです。快適自動車知識として、仮ナンバーの情報も押さえておきましょう。

手続きに必要となる書類

  1. @自動車臨時運行許可申請書
    申請書は各市町村の役所、運輸支局などで入手できます。
  2. A車検証
    切れている車検証もしくは抹消登録証明書、登録事項等の証明書が必要となります。
  3. B自賠責保険証
    勿論有効期間が切れていないものに限ります。
  4. C運転免許証
    場合によって必要となります。
  5. D認印
  6. E手数料750円
    仮ナンバー申請の注意点として、仮ナンバーの申請は自動車を運転する前日か当日にしかできないので注意が必要です。仮ナンバーの有効期間も1日から3日までしかありません。

Valuable information

ヤマト運輸
http://www.kuronekoyamato.co.jp/

2014/10/29 更新