廃車知ってる?Knowledge

なかなか手に入らない外車パーツ

国産車ではまかなえない、外車の部品

日本の車で一番有名なメーカーといえばやはりTOYOTAでしょうか。世界でも有数の車メーカーであるトヨタは、その安心・安全な運転をモットーにした基準で世にいくつもの車を排出しています。

日本人として鼻が高いトヨタですが、車購入を考えている人の中には有名な国産車には目もくれずデザイン性に優れた日本にはない車を求めて外車に手を出す方がいらっしゃいます。

ひとたび公道を走ればその注目度はたいしたもので、やはり日本人にはないセンスが光る外車はある種あこがれの的です。

ではまず、このページでは外車を所持している人にとって朗報となる「外車パーツの扱い」についていくつか紹介していきます。

国産車では代理が効かない、特殊なパーツ

車は製作に携わったメーカー、社員が心血を注いで作り上げる、言わば一つの作品とも言えるモノ。したがって、パーツ一つ一つに強いこだわりと、より快適かつ安全に運転できるように技術の粋が集められているため、そうそう各メーカー独自の工法やパーツが目白押しです。

国産車に限らず外車にしても同様に、日本では作れないようなパーツが多く、流用が効かず取り寄せも困難なパーツが組み込まれている車もあります。

では、実際に外車に乗るとして・・・仮に故障や事故を起こして壊してしまった場合、どうするでしょうか。日本では生産していないパーツが損壊していた場合、他のパーツで流用できないのであれば純正品のパーツを取り寄せするしかないので、修理業者はメーカーに直接問い合わせてパーツを手に入れます。

これはつまり、国産車と違った手間がかかる分、修理費用も高くなるということであり、外車のパーツを前もって多く予備として置いてある業者でもなければ当然修理費用は国産車より割高になります。

見た目の格好よさに惹かれて購入したはいいものの、これではメンテナンス、維持費で結構な額を消費することになります。思い立ったらGO! 車売買といきたいところですが、しっかりと考えましょう。

日本国内で流通しているパーツとは勝手が違うため注文してすぐに届くわけではなく、修理期間も長くなりがちです。

外車に乗っている方は、外車ならではのデメリットについても把握しておく必要があるでしょう。

希少品だけに、高額で買取される

有名な外車、希少価値の高い外車のパーツは例え中古であっても、その希少価値から高値で取引されるので、外車を廃車にする前にどれくらい中古パーツを買い取ってもらえるのか、概算を出してもらうといいでしょう。自動車ナビでの査定が安定かもしてません。

パーツの状態が良好であればあるほど取引額も高くなるので、やはり普段から乱暴な運転は避けて、外見だけでなく中身も丁寧に扱っておくのがよさそうです。

注目サイト

かわいい柴犬専門店

最終更新日:2017/9/21